mumokutekiオリジナルお正月飾り/mumokuteki goods&wears京都店

12月に入ってみなさまいかがお過ごしですか?
私たちスタッフは年末年始にむけてバタバタと過ごしています…
年末ってなんだか用事がはいってきますよね。

そんなバタバタと忙しい年末の心をほっこり
優しい気分にしてくれる
お正月飾りがお店にならんでいます。
ぜひご紹介させてください

お正月飾りとは

神聖な場所を示すものとして豊穣の歳神様を家に迎えるために飾るものです

使われる素材ひとつひとつにも縁起物としての意味があります。

松…一年中青々とした葉を茂らせることから「永遠の命」や不老長寿の象徴

南天…「難が転ずる」として縁起物の一つに。また魔除けや火災除けがあるとされている

稲穂…「新しい年も実りの多い一年になるように」という意味

扇…裾広がりの扇は一家繁栄をあらわすもの

飾る期間…「松の内」と呼ばれる12月13日以降から1月7日まで(関東)
もしくは1月15日まで(関西)が一般的と言われています。

また29日に飾ることを「29(二重苦)」、31日に飾ることは「一夜飾り」と呼ばれ縁起が悪いとされています。
クリスマスが終わった12月26日から28日頃に飾ることをお勧めいたします。
※一部地域によって異なる場合がございます。

わら玉 ¥2000+TAX

お正月飾り 大 ¥4590+TAX

お正月飾り 小 ¥2500+TAX

稲穂飾り ¥990+TAX

 
 
稲穂飾りとは…新しい年の豊穣を願うとともに実りの多い年になるようにという意味があります

自社農園mumokuteki farmの稲穂と福井県ヤラスファームさんで作られた古代米(古代の野生種の形質を残した品種)を使用しました。

お正月飾りとともに
ご紹介したいのが
mumokutekiの和雑貨です

くみひものこけしチャーム ¥500+TAX
入荷するたびにすぐ売り切れるかわい子ちゃんです

 
 
 
組みひも ¥200+TAX
ポチ袋やラッピングにいかがですか?

わらのお飾り かめさん・つるさん ¥900+TAX

 
 
 
年末の大掃除を26日~28日までになんとかがんばって終わらせて
新しい気持ちと綺麗なお部屋に
飾りたいですね。


河原町でのお買い物ついでに、ぜひムモクテキへお立ち寄りください*

みなさまのご来店スタッフ一同お待ちしております!

 
 
mumokuteki goods&wears京都 出路


戻る