まめのもんやさんと和紅茶のおいしい関係/ mumokuteki goods&wears京都

10月に入りました。

暑い日も続く中、秋は少しずつ近づいてきています。



写真は先日、京都美山町にある『茅葺の里』へ出かけた際に撮った綺麗な秋の風景写真です。

秋花(コスモス)、ススキ、茅葺の屋根、秋空が1枚の写真に入っているのがとっても気に入っています◎

秋が深まると、あたたかい紅茶と焼き菓子をおやつにいただくことも多くなってきますね。

今回のブログでは焼き菓子の「まめのもんや」さんと、「まめのもんや」さんと相性の良い倭紅茶をご紹介します。

 
まずは『まめのもんや』さんのご紹介から。

まめのもんやさんは、大分県杵築市大田の古民家でお豆のピクルスや焼き菓子を製造販売されておられます。

2018年の11月からはカフェの営業をスタートされ、今では幅広く活動をされています。



まめのもんや
大分県杵築市大田小野244
喫茶オープン:毎週木〜日曜日(出店などでの臨時休業や臨時営業日あり。)



たべる うたう つどう わらう

をコンセプトに、大分県産の丁寧に育てられた無農薬のお豆「人」と「豆」を想ってつくられてい

ます。



まめのもんやさんの焼き菓子はザクザクとした歯ごたえが特徴です。

種類もたくさんあるので、選ぶのがいつもたのしいです。

 
山都紅茶のご紹介
『にほんちゃギャラリーおかむら』さんから、熊本県 山都町 馬見原の無農薬 無肥料で育てられた倭紅茶を紹介します。



独特の深みと甘さのある紅茶。「対馬紅茶」の華やかさとは好対照の、落ち着きある風格が印象的です。(まるではちみつが入っているのかな?と思うくらいです・・)

2019年6月6日に摘採された、岩永さんの茶園にしかない独自品種「岩永1号」が原料です。この品種は、岩永さんのお父さんが、自園の在来種のなかから品質のよいものを独自に選別し大切に殖やしたもの。



おいしい淹れ方:茶葉 3g / 熱湯 150cc / 3分
※決まりはありません。お好みで調整してください。

下記のURLからもご購入頂けます。

【まめのもんや】https://www.mumokuteki.jp/fs/mumokuteki/item_food_2145
山都紅茶】https://www.mumokuteki.jp/fs/mumokuteki/item_food_2502
 
秋の夜長のティータイムに、ほっと一息してみませんか?

その他、店頭では新しい焼き菓子がたくさん届いていますので是非お越しください。

 
 
mumokuteki goods&wears京都 林
 
 
 


戻る